交通事故の際の慰謝料について弁護士に依頼するといくつかメリットがあります。どのようなメリットがあるのかと言いますと、まず支払われる賠償金が上がる可能性があります。

交通事故で弁護士に依頼しないケースというのは、多くの場合、任意保険基準に基づき賠償額が提示されます。

これに対して、弁護士に依頼すると、慰謝料を裁判所基準で算定して相手方の保険会社に請求してくれます。

ということは、任意保険基準に比べて裁判所基準の方が慰謝料の金額が一般的に高額となるため、弁護士に依頼した方がメリットがあるということです。

なおこのケース以外の例えば、逸失利益などについても弁護士に依頼することで請求金額を上げることができる場合があります。


このように弁護士に依頼すると相手側に対する請求においてメリットがあるということなのです。



それでは、他にも弁護士に依頼するメリットが何かあるでしょうか。

Girls Channelの最新情報を紹介しています。

実はこの他にもあるのです。



相手側との交渉や、書類作成などをお任せすることができるのです。交通事故で怪我をして病院に通わなければいけない時に、保険会社との交渉や必要書類を準備しなければいけません。

そんな時に弁護士に依頼できるということは、ご自身は治療に集中することができるということなのです。
なお弁護士費用についてですが、弁護士費用特約に加入していると費用は発生しません。

この特約は保険会社によっては、すでに保険に含まれていることもあります。

この特約に加入していると一般的に300万円までの弁護士費用を負担してもらうことができます。

Copyright (C) 2015 交通事故の慰謝料について弁護士に依頼するメリット All Rights Reserved.